神明宮写真
寿老神イラスト

秋祭り(新嘗祭)・11月23日

秋祭(新穀感謝祭)とは

秋祭り(新嘗祭)は遠く飛鳥時代の昔に定められた宮中祭祀で、天皇陛下がご神前に新穀を供えて感謝の祈りを捧げる神事です。この宮中の神事に倣って全国の神社で新嘗祭をお勤めします。11月23日は明治以後に国民の祝日に定められ、戦後は勤労感謝の日という名前で神代からの歴史と伝統を受け継いでいます。

 

神明様の秋祭(新穀感謝祭)

剣先札
深川神明宮では、毎年11月23日に氏子各町から100名近い宮総代が参列して新嘗祭を執り行います。新嘗祭に合わせて11月初旬から神職が氏子の家々を一軒一軒廻り、家内安全商売繁盛を祈願した剣先札をお頒ちします。

 

▲ページトップに戻る
祭りの記憶
十二の御輿絵