神明宮写真
寿老神イラスト

祭りの記憶

これまでの神明さまのお祭りの様子から、記憶に残るシーンを紹介します。

※写真をクリックするとカラーで大きく表示されます

平成9年度例大祭

ご鎮座四百年祭

深川神明宮は、1590年ごろに深川の開拓者・深川八郎衛門によって創建された創建されました。郷土を開いた先人の徳に感謝の誠を捧げようと、総代会を開いて平成9年(1996年)をご鎮座四百年の」年と定めました。これに合わせて記念事業として「社務所・儀式殿」の造営を行い(平成7年12月竣工)、満を持して「ご鎮座四百年祭」を執行しました。

  • 八月十四日(木)
    由来碑の除幕式
  • 八月十五日(金)
    ご鎮座四百年祭
  • ご鳳輦を修繕し氏子中にお披露目しました

 

町神輿の連合渡御(勢ぞろい)の巡幸コースについて、祭礼委員会で話し合いを重ね、

神社の鳥居の前を十二基の町神輿がすべて通る。
清澄通りに十二基の町神輿がすべて揃って解散する
という長年の懸案をまとめました。

  • 八月十七日(日)町神輿連合渡御(勢ぞろい)
  • 大鳥居の前で高々と神輿を差し上げる各町
  • 担ぎ手・参詣人共々一万人近い人々が、声をそろえて手締めをしました。

 

▲ページトップに戻る
祭りの記憶
十二の御輿絵