神明宮写真
寿老神イラスト

12の神輿絵

「深川」と言えばお祭りと神輿


深川発祥の地・神明さまの境内に並ぶ十二の町神輿を納めた神輿庫の扉に、各町自慢の神輿を描いた神輿絵が奉納されました。
躍動と静寂、興奮と緊張が十二の画面の中で、見事に表現されています。

神輿絵に託す“想い”

神輿絵作業1 神輿絵作業2 神輿絵作業3

 

 神輿を愛する深川っ子の誇りと、現代を生きる作家の魂が出会ったとき、十二の神輿絵が生まれました。
 神社は祭礼空間であり公共空間でもあります。神域では古来、絵画造形、歌舞音曲、あらゆる芸能芸術が神々に捧げられてきました。

 

神輿絵作業4 町の平和と繁栄を願う氏子の祈りを込めた神輿絵を前に、多くの人々が共に語らい、新たな空間が生まれることを願います。

 

深川神明宮/発行『神輿絵図』(2001年)より抜粋

神輿絵を描いた四人の絵描き

荒野真司:アーティスト
サトウヒトミ:油画家
鍋島次雄:漆造形作家・アートセラピスト
本多久美子:日本画家

 

神輿絵ギャラリー

森下一丁目 千歳三丁目 高森 森下四丁目 新大橋三丁目 森下五丁目
常盤一丁目 新大橋一丁目 新大橋二丁目 森下二丁目 常盤二丁目 森下三丁目

 

▲ページトップに戻る

 

わっしょいTシャツ販売中!